メジャーリーグの年金制度がスゴい!有資格の条件や日本プロ野球との徹底比較!

メジャーリーグの年金制度がスゴい!有資格の条件や日本プロ野球との徹底比較!

日本人メジャーリーガーでは最年長のイチロー選手が、オフに2018年の所属先がなかなか決まらなかったために「引退の危機か?」と言われました。

イチロー選手に限らず、ストーブリーグは多くの選手が自由契約、引退発表が多くなる時期になります。

あなたは引退選手のその後がどのように保障されているのか、気になりませんか?

その一つの制度として、手厚い優遇で知られるメジャーリーグの年金制度があります。

あなたはメジャーリーグの年金制度の有資格条件や手厚さをご存知でしょうか?

ここではメジャーリーグの年金制度の概要や、桁違いな年金額、日本との比較を解説していきます。

メジャーで活躍したら老後も安泰!

スポンサーリンク

メジャーリーグの年金制度

メジャーリーグの年金制度

概要

メジャーリーグの年金制度は、選手会によって年金が運用する終身年金です。

1日でもメジャー登録された選手は有資格者となり、10年間選手登録期間があると、死亡するまでの間、年金が支給されます。

選手会が運用しているということに驚きですが、一番の特徴としては、選手が掛け金や保険料を負担しない年金ということです。

気になる財源は、肖像権などのライセンス収入、莫大に膨れ上がっているTV・インターネット放映権などのリーグ収入で、この収入から一定額が「メジャーリーグ選手年金基金」に拠出されています。

素晴らしい年金制度ですね!

スポンサーリンク

年金の有資格者になるには?

前述の通り、1日でもメジャー登録した選手は有資格者になります。

10年間のメジャー登録で満額の年金が支給されますが、10年以上登録していたとしても金額は変わりません。

年数のカウント方法は「172日のアクティブリスト登録=1年」となります。

よく耳にする故障者リスト(DL)に入っていてもこの日数にカウントされるので、メジャー登録選手はかなりの厚遇といえるでしょう。

その一方でマイナー選手は有資格者になりません。

マイナーリーガーが必死でメジャー契約にこだわる理由の一つになります。

メジャーの世界は”弱肉強食”

年金はいくらもらえる?

年によって変わってきますが、満額で21万ドル/年と言われています(1ドル=110円であれば、約2300万円)。

月額に換算すると約192万円。

これが毎月、死亡するまでずっと支給される額となります。

メジャーリーグでは45歳から年金受給を始めることができますが、早めると月額の受給額は当然低くなります。

他にも受給者の生死にかかわらず、給付開始から10年間年金を受け取る「10年確定年金」も用意されており、選手が選ぶことができるのでかなり多様性があるといえます。

年金の内訳としては、一定額が確実に保証される「確定給付金」、年金運用基金の運用によって変動する「変動給付金」から構成されています。

そりゃみんなメジャーリーガーに憧れるわけだ。

登録年数と支給率

次の通り、メジャー登録年数によって支給率が変動されていきます。

なお、日本人で10年以上メジャー登録がある選手は、野茂英雄選手、大家友和選手、松井秀喜選手、イチロー選手の4名です。

登録年数 支給%
5年間登録 50%支給
6年間登録 60%支給
7年間登録 70%支給
8年間登録 80%支給
9年間登録 90%支給
10年間登録 100%支給(満額)

イチローだといくらもらえる?

イチロー選手は、17年間メジャーリーグに在籍していますので、既に満額に達しています。

考えたくはないですが、今仮に引退したとしても、1年間で約2300万円の年金を受け取れるということになります。

老後の生活資金どころか、かなり贅沢な生活も送れる金額ですよね。

イチローっていくらお金持ってんだろ・・・

日本のプロ野球の年金制度

日本プロ野球の年金制度は、10年以上の選手登録が受給資格条件となります。

メジャーリーグとは異なり1軍、2軍全ての選手が対象になります。

支給額は、年間100万円強(月額10万円程度)で、55歳以降の支給でした。

しかし増えていく受給者に対する財源不足が明らかになり、2012年に一度白紙に戻され、プロ野球独自の年金制度は廃止されました。

現在は、プロ野球野球がサムライジャパンやリーグ収益から、年間3億円程度を「国民年金基金」に積み立てているそうです。

選手会は、新たな枠組みを模索しているとのことなので、今後改善されることを期待したいですね。

日米の年金制度の差異

単純に比較は難しいですが、日米の年金制度はかなり異なるといえるでしょう。

年金制度

日:既存制度(国民年金)

米:独自制度

支給額

日:約80万(国民年金の為毎年変動)

米:約2000万(満期の場合)

 

これだけみても、メジャーリーグの選手会は「世界最強の労働組合」と言われる所以がわかりますよね?

メジャーリーグの選手会は、年金制度だけではなく、FA制度や賃金、労働環境など選手の為に様々な権利を勝ち取っており、日米との差は根底的な部分にあるといえますね。

野球の歴史の差かもしれませんね。日本も追いつかないと・・・

メジャーリーグの年金制度まとめ

メジャーリーグの年金制度をあなたはどう感じましたか?

メジャーリーグは、最大1200名がドラフト指名できるので、その分入れ替わりがかなり激しいです。

その狭き門をくぐり抜けて、メジャー契約できた選手だけが得られる特権ともいえる年金制度は、かなり破格の額ですね。

もちろん1年だけの活躍だけではなく、コンスタントに活躍し続ける必要があるので、満額で受給できる選手はかなり限られます。

「アメリカは日本に比べて競争社会で、適者生存、勝者は優遇されるが、敗者は潮働のように捨てられる。」

それをまさに体現しているといえます。

それに比べ、日本のプロ野球はまだまだ課題があるといえます。

プロ野球選手は平均8.9年と言われており、多くの選手は一般的に働き盛りの30代では引退し、セカンドキャリアに不安を抱いています。

メジャーリーグの真似をするのは制度の成り立ちや文化、背景を考えると非現実的ですが、今後の選手の為にも日本文化に沿った、新たな独自制度を作り上げてほしいです。

日本のプロスポーツ界が目指すべきメジャーの年金制度ですね。

 

【関連記事】


スポンサーリンク

最後までごらんいただきありがとうございます!

めじゃ男

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

当サイトでは今後もメジャーリーグで活躍している日本人の新しい情報を配信していきます♪

 

今回の記事の感想やご意見などございましたらコメント欄よりコメントをいただけたら嬉しいです!

 

LINE@にてお友達登録していただければ、いち早く情報をお届けできますので、よろしければ下のボタンからお友達登録をよろしくお願いいたします!

 
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です